マリンスポーツを楽しむ際に気をつけたい事

マリンスポーツ

マーメイドでは、シュノーケリングや体験ダイビングなど、様々なマリンスポーツ水納島の海を楽しめるツアーを行っております。
美しい海があるからこそ楽しめるマリンスポーツは、皆でマナーを守って楽しみましょう。こちらでは、マリンスポーツを楽しむ際に押さえておきたい注意点をご紹介致します。

ゴミを持ち帰る

美しい水納島の海を守るためには、環境を保護するための行動がとても重要です。人間が残したゴミを魚たちが誤って食べてしまうと、体調を崩してしまう生き物がいる事を念頭に置き、ゴミは必ず持ち帰るようにしましょう。一人ひとりの小さな行動が、環境保護の大きな一歩となります。

サンゴに注意する

マリンスポーツ

ウミガメや小魚たちがゆったりと泳ぐ美しい水納島は、美しいサンゴ礁に囲まれています。色鮮やかなサンゴは植物に見えますが、実はイソギンチャクやくらげの仲間に含まれる、とても繊細な動物です。むやみに触れたりフィンがぶつかったりすると、その部分から死んでしまう事もあるため、サンゴは優しく見守ってあげて下さい。

水中生物に注意する

ダイビングやシュノーケリングをしていると、小魚や珍しい生き物が近づいてくる事があります。かわいらしさから、ついエサをあげたり触ったりしたくなりますが、中には攻撃的で毒を持つ生き物もいるため注意して下さい。インストラクターの指示でエサをあげたり、触れ合ったりして楽しみましょう。

ダイビング後の注意点

ダイビング後、24時間以内に飛行機に乗ると減圧症になるおそれがあります。頭痛やめまい、手足の痺れといった症状が現れたり、少しでも体調が優れない場合には、すぐに医療機関を受診しましょう。車やバスによる高所移動も、減圧症のリスクが伴うため避けて下さい。
また、ダイビング直後の入浴やサウナ、激しい運動、飲酒といった、血流を急激に良くする行動も減圧症のリスクを高めてしまうため、しばらく時間を置いてから楽しむようにしましょう。

マーメイドでは、熟練インストラクターの指導のもとマリンスポーツを行いますので、初めての方も安心してお楽しみいただけます。
シュノーケリングやダイビングのほか、パラセーリングやお子様も安心の水納島日帰り海水浴プランもご用意しています。ご家族の皆様で楽しまれるのはもちろん、社員旅行や修学旅行などでも是非ご利用下さい。

お問い合わせ先はコチラ

お問い合わせ電話番号:098-835-1958
mermaid@minnajima.com
沖縄の水納島でマリンスポーツするなら「水納ビーチ マーメイド」で!