耳抜きのコツ

水中では、気圧が異なるため必ず耳抜きを行なう必要があります。出来ているつもりでも、実際には抜け切れていない方も少なくありません。また、力みすぎは中耳腔や内耳を痛める原因になります。ゆっくりと空気を送り込むイメージで、耳管を開けるようにしましょう。

こちらでは、今一度耳抜きの方法をおさらいしたいと思います。

マリンスポーツ

バルサルバ法

体験ダイビングでは最初に習う、オーソドックスな耳抜き法です。まず口を閉じた状態で鼻をつまみ、空気を喉から耳に送るイメージでしっかりと息みます。これで鼻腔内の圧力が高まって耳管が開きます。マスクの上から鼻がつまみにくい場合には、両方の人差し指で鼻を挟んだり鼻の穴を塞いだりするとやりやすいです。

フレンツェル法

鼻をつまんだままの状態で、舌の根元を上顎に向かって持ち上げる耳抜き法です。やってみると意外と簡単で、バルサルバ法よりも耳に優しいのが特徴です。

トレンビー法

鼻をつまんだまま唾を飲み込むという耳抜き法です。唾を飲み込むと鼻腔内の圧力が上がるため、耳管が開きます。無意識に出来る人もいれば、出来ない人も多くいらっしゃいます。耳への負担がバルサルバ法やフレンツェル法よりも少ないのが特徴です。

耳抜きのタイミング

まず潜る前に一度耳抜きを行い、水深5mまでは50cm毎に、10mまでは1m毎にこまめに行いましょう。それ以降は必要に応じて、耳が痛くなる前に早めに行うようにします。体験ダイビングの前には、顎を良く動かして唾を飲み込むと耳抜きがしやすくなります。耳抜きが苦手な方は、飴を舐めたりガムを噛んだりすると良いでしょう。

耳抜きがうまくいかない時には

体験ダイビングやシュノーケリング中、うまく耳抜きが出来ない時は、慌てずにインストラクターへ合図して下さい。無理に潜らず、一旦耳が痛くないところまで浮上して再度行って下さい。片方だけが抜けない時は、抜けないほうの耳を上に向けて行なうと抜けやすくなります。
耳抜きは、風邪気味や鼻炎、花粉症、疲れ、寝不足、二日酔いなど、その日の体調によっても影響されるため、体験ダイビングの前日はしっかりと体調を整えておく事が重要です。

マーメイドでは、離島での体験ダイビングやシュノーケリング、パラセーリングなど、沖縄のマリンスポーツを存分に楽しめるプランをご用意しています。沖縄へ卒業旅行や社員旅行にいらした際には、是非ご利用下さい。

お問い合わせ先はコチラ

お問い合わせ電話番号:098-835-1958
mermaid@minnajima.com
沖縄の水納島でマリンスポーツするなら「水納ビーチ マーメイド」で!