青の洞窟ポイントで出会える生き物たち

沖縄の海は、四季を通して様々な生き物と出会えるのが大きな魅力です。青の洞窟がある真栄田岬でも、体験ダイビングやシュノーケリングツアー中に可愛らしい生き物と触れ合う事が出来ます。こちらでは、周辺海域で暮らす生き物の中でも、特によく見かける熱帯魚をご紹介したいと思います。
マリンスポーツ

クマノミ

鮮やかなオレンジ色が特徴的なクマノミは、子供から大人まで大人気の魚です。普段は住処としているイソギンチャクに隠れていますが、ゆっくり近づくと、顔をひょっこり出してくれるはずです。時々真っ黒なクマノミに出会える事もあります。

ツノダシ

クマノミと同様、映画やテレビの影響で一躍人気となった魚です。背ビレが糸状に伸びているのが特徴的で、体の色は白色から黄色に変わり、黒い横帯があります。群れよりも単独で泳いでいる事が多いです。

ツバメウオ

体長約50センチと、青の洞窟周辺で見られる魚の中では大型の魚です。群れで泳ぐため見ごたえがあります。人懐っこく、ボートの下をユラユラと泳いだりダイバーの後をついてきたりと、なんともフレンドリーな魚です。

ルリスズメダイ

体長約4センチの、沖縄ではとてもポピュラーな魚です。目のところに黒いラインが入っていて尾ビレまで青いのはオス、透明な尾ビレなのはメスです。ちなみにルリスズメダイが青く見えるのは、体の表面にある細胞が可視光線の中から青い光だけを反射させているからで、ルリスズメダイ自体が青い色素を持っているわけではありません。

キンギョハナダイ

雌性先熟雌雄同体の魚で、最初は全て雌で生まれ成長すると雄へ性転換します。サンゴの周りを群れで泳ぐキンギョハナダイは、海の青色と対照的にオレンジ色に輝き、南国の海を楽しませてくれます。

マンタ・ウミガメ

運が良ければ、自然のマンタやウミガメにも出会えるかもしれません。万が一遭遇した時は追いかけずに、そっと見守ってあげて下さい。
のんびりと優雅に泳ぐ姿からは想像出来ないスピードで、あっという間に逃げていってしまいます。

青の洞窟周辺では、他にもブダイなどの大型回遊魚、鮮やかな黄色が可愛らしいチョウチョウウオなど、様々な熱帯性の生き物と遭遇する事が出来ます。マーメイドでは、熱帯魚への餌付けも体験出来るダイビング・シュノーケリングプランを設けておりますので、卒業旅行や社員旅行、家族旅行の思い出に是非体験なさってみて下さい。

お問い合わせ先はコチラ

お問い合わせ電話番号:098-835-1958
mermaid@minnajima.com
沖縄の水納島でマリンスポーツするなら「水納ビーチ マーメイド」で!